Posts Tagged ‘ぼくの本棚’

ぼくの本棚291

松島修/聖書に隠された成功法則


21 6月

大成功を収めた人の多くが、その後うまくいかなくなるのはなぜだろうか?

著者はその答えが聖書にあり、
聖書には不変の成功法則が隠されているという。

自分の欲望だけで「自己実現」をするのではではなく
他者も活かす「神実現」を目指せば真の成功が来るのだという。

6000年前に書かれた旧約聖書は、地政学的にみても
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教に共通して使われている。
ベストセラーでもこれだけ多くの人に読まれている本はない。

聖書に「人は神から創られ、神に愛されている」とある。
人は、無条件に愛されている存在であることを
自覚することが大事で、
がむしゃらに努力することだけでは成功への道は開けない。

著者がいう神の視点とは、
高慢さを捨て謙虚さをもつこと、
真の謙虚さとは、神に創られた自分を信じること、
与えられた力を認めること、自信を持つこと、などだ。

本書は宗教者が言うきれいごとだけではない。
著者は日本最大級の顧客数をもつ投資コンサルタント。

本書は意図的に、旧約、新約聖書を混在させるなど、
宗教的見地からの解釈には多くの矛盾もある。

しかし、投資という最も危険なお金に携わるコンサルタントが、
一番重要なことは、自分のお金ではなく、他人を富ますことを考えなければ、
その後の人生がうまくいかないことを自覚している点に、本書の面白さがある。

人は習慣性から逃れられないため、それゆえの成功も失敗もある。

あなたが人生において、もし成功を強く望むなら
今の悪い習慣を思い切って捨て、
成功の習慣性を身につけることが一番早いと思う。

人生変えようともがいても
なかなか変える方法が見つからない時、きっと本書が役に立つと思う。

編集長 尾中謙文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ぼくの本棚290

佐々木俊尚/新聞・テレビ消滅


08 6月

管さんが首相になった。

2003年の衆院選で管さんが代表だった時、
僕が「つよい日本をつくる」
というキャッチコピーを創らせていただいた。

当時10%以下の支持率だった民主党が42%まで急進して、
今の民主党の基礎ができた時のことを思い返すと、感慨深いものがある。

その翌年、岡田さんが代表になり
参院選で「まっすぐに、ひたむきに」のキャッチコピーを創らせていただき、
自民党の数を逆転して、民主党が2大政党として台頭した。
どちらもテレビや新聞の力を最大限利用してできたことだった。

あれから7年も経ったのか。

あの時は「強い」という言葉がブームになり、
表紙に「強い」を飾った新聞や雑誌や本が乱立したが、
強い日本をつくることはできなかった。

管さんは首相になり「強い経済」をつくると言った。
あの時の続きがまさに今、始まろうとしているのかもしれない。

さて、世の中を見回してみると
これまでコミュニケーションの根幹を成してきたものが崩壊し、
自壊し、すごいスピードでネット・メディアに入れ替わろうとしている。

とくに400年の歴史を持つ新聞は顕著で、
米国ではすでに、ロサンゼルス・タイムズとシカゴ・トリビューンが破産し、
NYタイムズでさえ2015年までには破産すると言われている。

本書では米国から3年遅れの2011年に
日本でも新聞やテレビの利権の崩壊がかならず起きると言っている。

著者は、毎日新聞で事件記者を12年やっていただけでなく、
フリージャーナリストに転身してからのITの予見には
予断を許さないものがある。

これからメディアはどうなるのか。
メディアに洗脳され続けた日本国民は何を信じたらいいのか。

本書には、過激だが説得力のある
メディア・サバイバルの未来が描かれている。

編集長 尾中謙文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ぼくの本棚288 : 河合隼雄/中空構造日本の深層


11 5月

最近の日本政治のぶれは、政治家の個人的な理由かと思っていたら、
河合さんがすでに本書で「日本における父性の弱さ」を指摘をされていた。

つまり日本の長は、リーダーではなく「世話役」で、自らの権力を誇示するのではなく
全体のバランスをとることの方が大事なのだという。

「日本にも時にリーダー型の長が現れるときがあるが、能力を有するにしても、
それに頼らずに無為であることが理想とされる」

敦賀原子力発電所の事故における無責任体制はその典型的な例で、
有事の時にその無能ぶりが露呈する。

「最も近代的な組織の運営において、欧米諸国から見ればまったく不可解としか
思えないような、統合性のない、誰が中心において責任を有しているのかが
不明確な体制がとられていたのである」

この中心が無い構造を指して、河合さんは「中空構造の日本」と呼んでいる。

若者にもアルバイトや趣味やる力を持つ人がいる反面、
中核には結局何をしても「意味が無い」という底無しの空虚感がある。

これからの日本を考える上で、この中心の空性を満たすエネルギーは
はたして何なのか。どこから生まれるのか。
政治家やマスコミは、そのエネルギーを壊すこと無く
日本の智慧としてどう活かしたらいいのか。

「日本の中心」を考える時期がまさにいま来ていることは言うまでもない。

編集長 尾中謙文


参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ