Archive for 7月, 2012

Twitter Updates for 2012-07-09


09 7月
  • 今、あなたの目の前にいる人とは70億分の一。奇跡のような確率で出会っている。この星でこれから何人と出会えるだろう。嫌いな人も自分を成長させる人だと思い、勇気を出してコミュニケーションしよう。何年も一緒にいる人と出会える確率は限りなくゼロに近い。そんな奇跡は一生かけて大切にしよう。 #

Powered by Twitter Tools

Twitter Updates for 2012-07-07


07 7月
  • 日本は神や天皇における儀式の絢爛さと武家社会の質実さで2千年を造ってきた。八百万の神の多様性を認め、神仏習合という精神性を想像した。一方で懐石料理という、武士が貧しくても懐に温めた石で相手をもてなす創造的な謙虚さを持った。この高い文化は、はたして次世代に継承されていくのだろうか。 #
  • フィンセント・ファン・ゴッホの「星月夜」をご存知だろうか。僕がゴッホの中で一番好きな絵だ。NY近代美術館によく見に行った。フランスのアルルで描いた摩訶不思議な夜空だ。大気の透明さとエメラルド色の水に「まるで日本のように美しい」と絶賛した。ゴッホが今の日本を見たら何と言うだろうか。 #

Powered by Twitter Tools

Twitter Updates for 2012-07-05


05 7月
  • もうすぐ七夕だ。織姫と夏彦は働き者だが結婚したとたん働かなくなる。天の帝が怒って、会えるのは天の川越しに年に一夜だけ。奈良時代から続く伝奇に一億人が天を観る。天や星に誰かの幸せを祈る事で心の扉が開く。こんな風に心をときほぐすことが最近少なくなった。あなたは天に何を祈るだろうか。 #

Powered by Twitter Tools

Twitter Updates for 2012-07-04


04 7月
  • 7月になり季節が変わった。中国の戦国時代に太陰暦を修正するため二十四節気をつくった。日本ではさらに「土用」「八十八夜」「入梅」など季語を追加し一年を72の季節に分類した。四季を楽しむことは空を見上げ、湿度を感じ、空気の色を観て地球のディテールに同化し共鳴することなのかもしれない。 #

Powered by Twitter Tools

Twitter Updates for 2012-07-03


03 7月
  • いま政治家の言葉が心に響かないのは何故だろうか。政治家には憲法を遵守し国民を守る重要な役割がある。だからその言葉には、同時代を生きる国民に自然、文化、経済、防衛などで本質や意味を感じさせるセンスが求められる。しかし、言葉の不調和に気づかない政治家を選択した僕らにも当然責任はある。 #

Powered by Twitter Tools