ぼくの本棚300

論語の読み方/山本七平

06 4月

日本人とは何かを考える時
論語が欠かせないと思う人は多い。

論語は知らないという人でも
「三十にして立つ」「四十にして惑わず」「五十にして天命を知る」
という言葉は耳にしたことがあるはずだ。

論語は2500年前、孔子の死後、弟子との対話をまとめたものだ。

日本でも昭和初期まで四書(論語・中庸・大学・孟子)の一つとして
幼少より暗記することで古典的素養を養ってきた。
残念ながら今、四書が分かる人はほとんどいなくなった。

しかし、今回の東日本大震災を見ても
多くの人が慌てず騒がず、規範に沿った忍耐的行動を発揮したのは
「論語的生き方」が日本人の心にすでに浸透しているからなのだろう。

孔子は学歴が無くても社会人として
りっぱな行動をする人を「学問のある人」と言った。

孔子は、潔癖だがつむじ曲がりではなく、
筋を通すが角が無く、正直だがお人好しではない人を目指した。

逆に
「自信過剰の上に正直さを欠き、田舎者でありながら素朴さが無く、
真面目そうに見えてその場かぎりの人間」
は社会人失格だと切り捨てた。

さらに弟子との対話で
「人徳があると言われながら、実は摩擦を避けている人、
褒められようとしている鼻持ちならない偽物、
誠意なき八方美人、
人の欠点を言いふらす者、
礼儀知らず、
決断力はあるが道理のわからぬ者、
人の言うことを先取りして知者のふりをする人」

さらに

「表面だけを飾るえせ人間は論外である」

つまり、外見ばかり飾り立て、中身の修行をしない人間とは
つきあわない方がいいと言っている。

さて、あなたは孔子と対峙する勇気があるだろうか。
あなたは、自分の中の何を成長させようと考えているだろうか。

編集長 尾中謙文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

Comments are closed.