ぼくの本棚245:ダライラマのビジネス入門 by ダライラマ14世&L.V.D.ムイゼンバーグ

05 11月

小室哲哉が5億円詐欺事件で逮捕された。

年収20億以上あった巨大な富は、重度の浪費で消えた。

CDトータル1億8000枚という、空前絶後のセールスに関わった人たちは、

小室が文無しで、CDが売れなくなったとたん態度を翻した。

確かに人間的には頂点から奈落へ堕ちたが、

作曲や歌詞の価値と小室の愚行とは別物のはずだ。

「色即是空、空即是色」というように

「お金は無くなる。が、やがて増える」とブッダも言っている。

物やお金への執着を捨て、詐欺罪を償い、

社会的使命に気づき精進すれば、小室も返り咲くだろう。

そのブッダを研究し、チベット密教を支え続けたダライラマ14世も、

チベットという土地への執着の強い中国によって苦しめられた。

本書は、富を得てもなお富の執着がとれない人にとって、自己を振り返るのにとても善い本だ。

本書の中で、ブッダは富の適切な使い方について8つの質問をしている。

合法的に富を得たか?

あなたの富はあなた自身だけを幸せにしたか?

あなたの富は他人も幸せにしたか?

あなたは他人と富を分け合ったか?

あなたはその富を用いて善行をなしたか?

あなたは自分の富に執着し酔いしれているか?

あなたは富の持つ危険性に注意しているか?

あなたは心の自由につながる洞察力をそなえているか?

さて、あなたにはベストアンサーがおわかりだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

Leave a Reply