ぼくの本棚233:熱き心 by 山本寛斎

08 8月

不安な世の中で、なんとも言えない嫌な事件が頻発しているが、あなたの中に熱き心は健在だろうか。

人間は誰もが必ず困難に直面する。

様々な不安が押しよせ、セルフコントロールできないとつぶされそうになる。

しかし、乗り越えられない苦しみや困難は与えられない、とキリストも言っている。

最後まであきらめなければ必ず道は開ける。

山本寛斎は日本を代表する最も「熱き心」を持ったファッションデザイナーだ。

1971年にロンドンでファッションショーを開いて以来、

世界中の人に夢というエネルギーを与え続けている。

過去すごかった人はたくさんいるが、今を語り続けられる人はそういない。

本書にはナマの寛斎の刺激が溢れている。

熱帯夜の残暑が続くが、生きる意欲や働く元気のない貴兄には本書をお薦めする。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

Leave a Reply