ぼくの本棚228:急に売れ始めるにはワケがある by マルコム・グラッドウェル

20 6月

今まで知らなかったモノが、ある日、爆発的に売れ出したり、

ある時突然ブームが起きたりするのは何故か。

初めて見るものなのに「これは売れるかもしれない」と多くの人が直感するのは何故だろう。

そして自分が信頼する仲間や好きな人が、自分と同じ様に感じていると共感した時

「これはゼッタイ流行る!」と確信に変わるのは何故なのか。

本書では、流行現象をクチコミによる感染と捉え、そのメカニズムを解き明かすことに成功している。

TVCMの急速な減退により、流行を作るために、巨大な広告投資する会社はさすがに少なくなった。

グラッドウェルが言う「ティッピング・ポイント」とは何か。

小さなアイデアや行動が臨界点を越えて一気に流れ出し、洪水のように広がる劇的瞬間のことだ。

小が大を動かすことは、いま世界中で頻発する、意味ある小さな暴動をみれば明らかだ。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

Leave a Reply