ぼくの本棚222:今日の芸術/時代を創造するものは誰か by 岡本太郎

26 5月

ピカソは「一枚の傑作を描くよりも、その画家が何者であるかということが重要である」と言った。

岡本太郎とは何者なのか。「新しいといわれればもう新しくない」と岡本は言う。新しい瞬間とは何か。

「芸術はきれいであってはならない」「芸術はうまくあってはならない」 

では岡本の目指す芸術とは何か。芸術はなぜ必要なのか。

本書は54年前に書かれた。今もって全く古さを感じない。むしろ斬新な言霊に溢れている。

芸術は決意の問題で、ゴッホやゴーギャンのように「素人」でもできると岡本は言いきる。

ならば今、芸術の爆発力がなぜ日本人に足りないのか。

「芸術は爆発だ。邪道が正道である」という岡本太郎の声が木霊する。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

Leave a Reply