ぼくの本棚218:インディペンデントな生き方 実践ガイド by 勝間和代

16 5月

勝間さんは公認会計士を最年少19才で合格し、3人の子育てをしながらMBA、中小企業診断士を取り、

TOEICを3年で900点にするという、並はずれた才能をいくつも持っている女性だ。

きっとセルフコントロールと継続性にとても優れているのだろう。

今や時の人になった勝間さんは、

ポジティブな女子大生やキャリア女性が憧れるスター的存在であり、偉大な目標でもある。

その勝間さんが自己の体験をもとに実践ガイドを書いたのだから、女性でなくても少し気になる。

ちなみにインディ(自立した生き方をしている女性)にとってのいい男とは

「年収が1千万以上あり、それが精一杯の状態ではなく、今後も継続して年収が上げられる男。

インディの価値をわかっていて、女の夢やキャリアを邪魔せずに、パートナーとして助けられる男。

インディと一緒に、年齢とともに成長していく男」

なのだそうだ。

インディと言いながら、パートナーの収入が何故1千万以上なのかは全く不明だが、

あなたはいくつあてはまるだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

Leave a Reply