Archive for 5月, 2008

ぼくの本棚222:今日の芸術/時代を創造するものは誰か by 岡本太郎


26 5月

ピカソは「一枚の傑作を描くよりも、その画家が何者であるかということが重要である」と言った。

岡本太郎とは何者なのか。「新しいといわれればもう新しくない」と岡本は言う。新しい瞬間とは何か。

「芸術はきれいであってはならない」「芸術はうまくあってはならない」 

では岡本の目指す芸術とは何か。芸術はなぜ必要なのか。

本書は54年前に書かれた。今もって全く古さを感じない。むしろ斬新な言霊に溢れている。

芸術は決意の問題で、ゴッホやゴーギャンのように「素人」でもできると岡本は言いきる。

ならば今、芸術の爆発力がなぜ日本人に足りないのか。

「芸術は爆発だ。邪道が正道である」という岡本太郎の声が木霊する。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

ぼくの本棚221:ワクワクする仕事をしていれば自然とお金はやってくる by マーシャ・シネター


24 5月

多くの人は、いつか社会に貢献できる仕事(天職)をしたいと思っている。

しかし一方で、先日紹介した勝間さんの「インディペンデントな生き方」にもあるように、

女性の中には高収入の男性と結婚したがる人がいるため、

お金持ちになる仕事(適職)を選ぶという煩悩に揺れる人もいる。

若者の中には、そもそも何故お金持ちを目指さなければならないのか、という疑問を持つ人も多い。

確かにお金持ちの中には面白みもなく、道徳観や人間的魅力がなく、

ただお金持ちであるという理由で、本来以上の評価を世間から受けることがあるのもまた事実だ。

しかし本書ではそうした客観性にも触れながら、

「成功した人々は、みんな得意なことを選んで、楽しみながら仕事をしていた」ことや

「つらい子供時代を過ごした人の15%がすぐれた人物になっている」ことなど

お金とは関係なく、人生を前向きに自己実現したい人にとって、

やる気にさせるエピソードがたくさんある。

「あれがやりたいと思ったら、実行しなさい。

でなければ、やりたいと思うのをやめなさい」とマーシャは言う。

あなたはあなたの能力を活かした仕事をしているだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

ぼくの本棚220:幸運な宇宙 by ポール・デイヴィス


23 5月

以前、リサ・ランドール(ワープする宇宙)で多元宇宙の話を紹介したが、

ポールは違う視点で多宇宙について語っている。

「統計学の基本ルールが、偶然が作用している任意の系に対して成り立つ。

宇宙の構造もそのひとつだ。どこでも同じようなプロセスが同じように起こっているのだから、

十分長い旅をすれば、地球にたいへんよく似た惑星がいつかは見つかるだろう」

つまり、地球と全く同じ惑星ができる確率は、簡単に計算ができるというのだ。

また、MITの宇宙論研究者マックス・テグマークは、

宇宙にいる「もうひとりの自分」との平均距離を10~10の29乗メートルと導きだした。

これを観測可能な宇宙の大きさと比べると、驚くほどわずかな距離だということがわかる。

無限は、どんなに確率が低いことでも必ず起こしてしまうのだ。

ポールは本書で

「宇宙は何でできているのか、宇宙全体が一体に保たれているのはなぜか」を探求している。

いま地球で起きている戦争は、宇宙全体にとっていったい何の意味があるのだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

ぼくの本棚219:ご冗談でしょう、ファインマンさん<上下巻> by リチャード・P・ファインマン


21 5月

ファインマンをご存じだろうか。

ファインマンは量子電磁力学で、シュウィンガー、朝永とともに

ノーベル賞を受賞した物理学者であり教育者だ。

本書は自身が型破りな人生を紹介しているユニークなエピソード集だ。

ファインマンの変人ぶりはどうか。

彼は幼少より自宅に研究室を作るほど数学・物理が好きな秀才だが、

運動は苦手だったと本人は言う。

しかしボンゴの名手で、サンフランシスコのバレエ団でパーカッションを担当。

バレエの国際コンテストでも2位に入賞するなど、本当に運動が不得手だったのか疑わしい。

MIT、プリンストン大学院を出たあと、ロスアラモス研究所に務める。

しかし犯罪者から習った金庫破りを、機密書類の入ったキャビネットを相手に次々に実践するなど、

研究者だから許されるイタズラを連発した。

原爆開発やNASAにも携わったが、遊びながら物理学をやろうと決心し、ストリップ小屋に通い続けた。

来日した時は自らを「不敗魔」と呼んでいる。ウイットのセンスも枯れた味を出している。

ファインマンの素晴らしさは、一つのことをやるとノーベル賞を穫る集中力を持ちながら、

周囲に常に笑いをふりまき、天狗にならず、変なプライドも無いことだ。

また一方で、学問においては型にはまらない考え方でノーベル賞を穫り、

教育者として学生に勇気を与え続けたことだ。

さて、教育者の役割とはなんだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

ぼくの本棚218:インディペンデントな生き方 実践ガイド by 勝間和代


16 5月

勝間さんは公認会計士を最年少19才で合格し、3人の子育てをしながらMBA、中小企業診断士を取り、

TOEICを3年で900点にするという、並はずれた才能をいくつも持っている女性だ。

きっとセルフコントロールと継続性にとても優れているのだろう。

今や時の人になった勝間さんは、

ポジティブな女子大生やキャリア女性が憧れるスター的存在であり、偉大な目標でもある。

その勝間さんが自己の体験をもとに実践ガイドを書いたのだから、女性でなくても少し気になる。

ちなみにインディ(自立した生き方をしている女性)にとってのいい男とは

「年収が1千万以上あり、それが精一杯の状態ではなく、今後も継続して年収が上げられる男。

インディの価値をわかっていて、女の夢やキャリアを邪魔せずに、パートナーとして助けられる男。

インディと一緒に、年齢とともに成長していく男」

なのだそうだ。

インディと言いながら、パートナーの収入が何故1千万以上なのかは全く不明だが、

あなたはいくつあてはまるだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S