ぼくの本棚206:ソース/あなたの人生の源は、ワクワクすることにある by マイク・マクマナス

04 4月

最近、労働の質が落ちているという話を経営者からよく聞く。

多くの人がやる気の無いまま仕事をし続けている。

能力が無いわけではない。ではやる気が出ないのは何故か。

良い営業成績や良い結果を早く得ることばかり求め、

仕事にワクワクするような素直な感情や、興味や好奇心が起きる純粋な気持ちを切り捨て、

周囲や会社に合わせ、自己を押し込めなければならないからだ。

それでもサラリーが右肩上がりで上昇しているうちは、お金で別の快楽を得ればバランスはとれていた。

いまや年収は下がる一方で、物価はどんどん上がる。年金も見えない。

こんな状況で自分らしい生き方をするのは、どだい無理な話かもしれない。

しかしマイクは、失業と金欠の経験から、人生の一番どん底の、最もひどい状況の時こそ、

自分がワクワクする、夢中になれる、幸せな気持ちにさせてくれることを

一途に実行することが、劇的に状況を好転させるだという。

自分がワクワクすることをすべて発見し、自分や人のために無条件に使うことで、

肉体が活性化し、チャンスが引き寄せられ、お金があとからついてくるのだという。

本書は、人は考え方ひとつで人生が根本から変わり、幸せになれると言っている。

ひとりひとりの心の中が幸せでなければ、オリンピックや世界平和など絵に書いたモチのようなものだ。

動乱や戦争の無い社会をつくるためにも、少しでも多くの人をワクワクさせたり、

元気の出ることを考え、社会でこっそり実行したいと心から思う。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局S

Leave a Reply