Archive for 3月, 2008

ぼくの本棚205:あなたが世界を変える日 by セヴァン・カリス=スズキ


28 3月

「地球を良くしたい」という気持ちを素直に表現できるチャンスはめったに無いが、

本書を紹介することで少しは役目を果たすことができるかもしれない。

まず本書を素直に読んで欲しい。

本書は12歳の少女セヴァンがリオの国際環境サミットでおこなった驚くべきスピーチだ。

世界中の飢えに苦しむ子供達のために、

セヴァンは戦争も貧しさも、地球という大家族の中でわかち合わなくてはいけないのだという。

戦争のお金を環境と貧しさに全部使えば、この地球は素晴らしい星になるのだと。

「わたしたち子供の未来を真剣に考えたことがありますか?」

洞爺湖サミットではたしてセヴァンのような感動が得られるのか。

いまの日本に環境問題に対するピュアな初心が貫けるのだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚204:戦場カメラマン by 石川文洋


27 3月

チベットのラサで暴動が起き、数十人の死者が出たというニュースを聞いた時、

そして1989年の天安門事件の時も、僕は本書を真っ先に思い出した。

それくらい僕にとって「戦場カメラマン」の文章と写真は鮮烈だった。

「兵士たちが手にしたあらゆる武器で、村を攻撃している。

頭上を回っているガンシップが、私たちの頭をかすめるように機関銃を撃ち込み、ロケットを放った。

B57キャンベラジェット爆撃機が爆弾を落とし、次にナパーム弾を落とすと、部落は火の海となった。

そのあとをジェット機とガンシップが機銃掃射をする」

戦争というのはこういうものなのだと思った。ヒューマニズムなど断片もない。

いくら格好の良い人権の話を星の数ほどしても、戦争をしてはおしまいだ。

殺し合いだけは絶対避けなければいけない。本書を読んだ時、僕は痛烈にそう感じた。

世界中で毎日戦争が起きているが、なんとか対話の道はないものか。

石川氏の写真のように、ベトナム戦争はメディアが戦争の悲惨さや恐ろしさを報じたことで、

米国は猛省を余儀なくされた。

しかし、今回のラサ暴動は、中国がメディアが入ることを禁じて隠ぺいすらしている。

そして最も残念なことは、一番多く投資をしている米国や仏国や英国が、

いち早く中国に対し人権批判を堂々とし、チベットとの対話を促したのに対し、

日本はついに静観し続け、正論も言わず、人間として恥ずべき態度をとったことだ。

政治がはたすべき役割と責任とはいったい何だろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚203:ユダヤ人の勉強法 by 青木偉作


25 3月

イスラエルの人口は600万人。日本の20分の1だ。

世界中に移住したユダヤ人を合わせても世界人口のわずか0.2%しかいない。

しかしユダヤ人は世界中、政財界、芸術、学術、思想などあらゆる階層で常にトップに君臨している。

政界においてはクリントン政権下でオルブライト長官、コーヘン国防長官、ルービン財務長官、

カンター商務長官、ライシュ労働長官、グリッグマン農務長官など。

ブッシュ政権下でもすごい数のユダヤ人で占められている。

ユダヤ人嫌いのフランスでも大統領サルコジはユダヤ人だ。

芸術分野ではスピルバーグ、ウッディアレン、ダスティンホフマン、マーラー、バーンスタイン、

ボブディラン、バーバラストライザンド、サイモンとガーファンクル、ビリージョエル、

メンデルスゾーン、シャガール、モディリアーニなどもうきりが無い。

メディア界もすごい。NBCのサーノフを始め、ABC、CBS、ロイター、バイアコムは全てユダヤ人だ。

NYタイムズのザルツバーガー、ワシントンポストとニューズウイークのキャサリングラハム。

タイムのスティーブンロス。新聞王ピューリッツアーもそうだ。

ビジネス界もすごい。ロスチャイルド、シェル石油のマーカスサミュエル、自動車のシトロエン、

ダイアモンドのデ・ビアスのオッペンハイマー、オリベッティ、リーバイストラウスなど。

コンピューターを発明したフォンノイマン。経済学者マルクス。哲学者スピノザ。

文豪ではカフカ、サリンジャー。精神学者フロイト。

ノーベル賞受賞者ではアインシュタイン、キッシンジャーなど。キューバ革命家チェ・ゲバラもそうだ。

ユダヤ人はなぜ優秀なのか?幼児期の教育にあると本書には書いてある。

幼児期の子供を持つ親御さんはきっと気になるにちがいない。

いや、そうでなくても、知の世界を制するユダヤ人の勉強法は一読に値することはまちがいない。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚202:インテリジェンス人間論 by 佐藤優


24 3月

本書を読むと、佐藤氏の洞察力はただものではないことがよくわかる。

スパイに必要な素質や資質は、「007」ばりのガンテクニックでも、

「ミッションインポシブル」のような人間離れしたアクションでもない。

冷静な観察力と正確な記憶力と文化的素養のある語学力なのだ。

そして幅広い相手への的確で素早い対応や、

過度の緊張にも動じない受容と忍耐の場数を踏むことが、分析力の緻密さに磨きをかける。

本書に登場する実名は鈴木宗男、橋本龍太郎、小渕恵三、森喜朗、

プーチン、金日成など国を動かしてきた大物ばかりだ。

スパイの活動実体も克明に描かれている。

しかし見落とせないのは民族的、多元的価値観を持たないと、

国際政治の諜報判断など何一つできないという事実だ。

TVがお笑い漬けにした「そんなの関係ない」と言っている日本人にとって、

もはやポジティブインテリジェンスは不用なのか。

政治決断さえまともにできない有名無実になった政治家に、

国際情勢の諜報活動など遠い世界の話なのか。

こうしている間にもスパイ天国日本において、世界中の情報と諜報が、

日本政治抜きで飛び交っているのは悔しいがまぎれも無い現実だ。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚201:その数字が戦略を決める by イアン・エアーズ


14 3月

今日の株価は?昨日のドラマの視聴率は?降水確立は?

統計学や多変量解析は、今や当り前のように日々の生活に溶け込んでいる。

本書では、一見異なる二つの集合の相関関係を、

テラバイト(兆単位)という膨大な単位でマイニング(計算し解析)することを「絶対計算」と呼んでいる。

例えば購買履歴と離婚率の予測。降雨量とワインビンテージの値段の予測。

遺伝子と寿命の予測。人が来年の夏に何をするかという予測。

ネットが生活の中に入り、検索可能な公開情報はほとんど手に入るようになった。

あとはテラマイニングだけで未来が予測できてしまう。

グーグルの持つ膨大な情報量を世界中の政治家が怖れる理由はここにある。

コンピュータ予測万能の時代に、人の不安定な直感など活かされるのだろうか。

予測可能な未来をあなたはどこまでコンピューターに委ねるだろうか。

このあまりにも便利な確率に頼る生活は永遠に続くのだろうか。

「絶対計算」で戦争はすでに予測可能なのだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局