Archive for 11月, 2007

ぼくの本棚 166:ビジョナリーカンパニー/ビジョナリーカンパニー2 by ジェームズ・C・コリンズ


30 11月

真に「卓越した」企業とそれ以外の企業の違いはどこにあるのか。

コリンズは会社のビジョンに疑問を持ち、様々な比較分析を試みた。

その結果、ビジョンを持ったひとりのカリスマがいる会社より、

ビジョナリー・カンパニーという共通理念をもった集団の方が

成功している会社が多いという原則を発見した。

ではビジョナリーカンパニーが共通して持つ価値観とは何か。

ビジョナリーカンパニーは、実は誰にとっても素晴らしい会社ではない。

適応できる者にとってだけ快適な会社なのだ。

それは他社と競争しているからではなく、

明日を良くするために「今日をどうしたらよいか」を常に考え、

自分自身が変化し、適応し、社会を良くし「卓越する」会社だからだ。

信仰に近いほどの情熱を維持するビジョナリーカンパニーとは、

利益を超えたところにある宗教なのかもしれない。

そして不思議なことに利益を最優先させる会社よりも、

ビジョンを共有する会社の方が利益を上げているというなんとも皮肉な結果が

「卓越する」ことの奥深さを物語っている。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 165:南の島で暮らそうか! by バンガートめぐみ


28 11月

ある日一念発起して、最南端にある波照間島から石垣島、西表島、竹富島、黒島、小浜島、

与那国島、宮古島、久米島、沖縄を回って、さらに2か月も西表島に居座ってしまったことがある。

南の島の魅力とは何か。僕は「時のずれ」を感じることだと思う。

都会に住む人の時間の流れはあまりにも早い。

南の島で時の流れの中に忘れてきた何かを見つけることも魅力の一つだろう。

初めて南の島に来た人は、流れている時間があまりに違うことに驚くだろう。

住人の人柄も違う。ほとんどの人が開けっ広げでおおらかだ。

ぎすぎすした人間関係に悩む人は、

しばらく島暮しをすれば島民のおおらかさが伝染ってくるに違いない。

本書には移住を含めた、あらゆる角度から役立つ情報と南洋特有の雰囲気がある。

単なるガイドブックではなくゆったり南の島を楽しむ人のための良書だ。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 164:不動心 by 松井秀喜


26 11月

野球に限らず、好機に最高の力が発揮できる人は少ない。

まして大リーグのように時差や温度差が激しい地域を、

移動し転戦しながら毎日ファンの期待に応え、あらゆる欲望と戦いながら節制し、

何年も第一線で活躍し続けることがどれくらい大変なことか、およそ凡人には想像もつかない。

スポーツほど自己制御を要求される職業も少ないと思うが、

まれにセルフコントロールできない予想外の骨折がある。

一つ間違うと選手生命が無くなる。まるで戦場で生き延びるようなもんだ。

「故障しがちな自分の体や運命を受け入れるのは辛い」松井がぶれないのはなぜか。

「苦しむ日もある。幸い打てたとしても、翌日打てるとは限らない」1768試合連続出場をした松井が、

最悪の状況下で何を考えどう乗り越えたのか。

本書にはその重みが詰まっている。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 163:なぜ真のリーダーがいないのか by リー・アイアコッカ


23 11月

アイアコッカはフォードを自動車のトップに押し上げたところで解雇され、

その後クライスラーを再建する離れ業をやってのけた。

長い間CEOをやってきたアイアコッカはリーダーには資質が必要だと言っている。

好奇心、独創性、コミュニケーション、人間性、勇気、信念、

カリスマ、力量、常識の九つの資質である。

リーダーは判断力と常識を持って問題を解決できる人でなければならない。

ひどい混乱状況の中でも危機を乗り切れる人でなければならない。

CSRという言葉が流通しているが、政治などをみると、

本当のところ逃げ出さないでやってくれるリーダーが欲しい。

本書は世界中のリーダーをいやというほど見て来たアイアコッカが語る、

嘘いつわりのないリーダー像である。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 162:インド人はなぜ言い負かすのがうまいのか by 榎本博明


22 11月

インドに行ってスパイスを勧められたことがある。

せっかくインドに来て本場のスパイスを買わないなんてと説得され、

「本場」のものすごく高い店に連れて行かれた。

ハイクラスのインド人は皆ここで買っていると言われ、相場の何倍も高い値段で、

しかも僕は高いことを承知で買った。と、ここまではいい。

日本に帰ってインド人が経営する店でこの話をしたら、

良いものを求める日本人には、特に高く売る店だということがわかって力が抜けた。

所詮、日本人がかなう相手ではない。インド人は交渉術は幼い頃から身についている。

交渉では勝者、敗者の気持ちを良く知っていて、インド人は勝ち過ぎない。

交渉は勝つことが目的ではなく優位に進めることが大切なのだ。

勝負せず、敵もつくらない。感情的にもならない。

僕は納得して高く買っているわけだから、全てまるくおさまっている。

本書にはそんな交渉の天才インド人の不思議なテクニックがふんだんにある。

交渉下手な貴兄はぜひご一読を。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局