ぼくの本棚 155:アラビアのバフェット by リズ・カーン

09 10月

世界最大の個人投資家ウオーレン・バフェットが尊敬するアラビアの大富豪がいる。

彼の名はアルワリード王子。個人資産240億ドル世界5位の投資家でもある。

しかし、この資産がオイルマネーで稼いだわけではない証拠に、

今ではシティグループの3.9%の株を保有し、

ディズニー、アップル、フォーシーズンズなどに次々に投資をして驚異的な成功をおさめている。

なぜアルワリード王子の投資は成功するのか。

シティグループのCEOワイルは彼を語る。

「素晴らしい思考能力の持ち主。われわれ以上に時間をかけて物事を考える。

人の話をよく聞き、人の良きパートナーにもなれる。

長期的な視野に立って物事を考える人。笑顔が実にいい」

徹底した底値で買うと同時に株主を助ける明解な戦略でウオール街から注目を集め、

慈善活動や民主化運動にも協力を惜しまないアルワリード王子は、

ハゲタカと呼ばれるマネーゲーマーとは明らかに違うDNAを持っている。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

Leave a Reply