Archive for 9月, 2007

ぼくの本棚 152:私の手が語る by 本田宗一郎


21 9月

本書は僕のバイブルの一冊だ。気分が萎えた時読むとやる気がみなぎってくる。

「私は他人の真似をするのが大嫌いである」

その頃のオートバイメーカーは外国のエンジンをそっくり真似ていた。

本田はそれがイヤだという理由だけでオリジナルのエンジンをつくるイバラの道を歩むことになる。

「真似をして楽をしたものはその後に苦しむことになる。

一度真似をすると、永久に真似をしてゆくのである」

本田はその後、オートバイレースのワールドグランプリ全階級を制覇し、

4輪のF1グランプリに移ってからもその勢いは止まらなかった。

「目先の成績にこだわり、独自の哲学にもとづく創意を少しでも放棄するような考え方が生まれたとき、

企業は転落と崩壊の道をたどりはじめるだろう」

自分にとって一番大切なことは何だろうか。その貢献と成果は何だろうか。

あなたは一生かけて何に取り組み、何を信念にしているだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 151:ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く by リサ・ランドール


20 9月

いま物理学は大転換期を迎えている。

これまで我々は次元は3つだと信じ込まされてきたが、

最近の物理法則の研究から異次元が存在することがわかった。

SFのように空間に別の次元が存在するらしい。

リサ・ランドールはハーバード大の物理学教授だ。

素粒子、ひも理論、宇宙論が専門で今ノーベル賞に最も近い。

もし我々が多次元に生きているとしたら、タイムマシンの話も

マトリクスの話もテレポーテーションの話も夢ではなくなる。

最近暗い話が多かったが未来が少し明るくなってくる。

ランドールの素晴らしい点は、余剰次元の時空構造をイメージしたのではなく、

実際に計算して偏微分方程式で解いたことだ。

不可能といわれたことに果敢にチャレンジする人の姿は、この上なく素晴らしく美しい。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 150:一万年の旅路 by ポーラ・アンダーウッド


18 9月

インディアンは昔ベーリング海峡が陸続きだった頃、

アジア大陸からアメリカ大陸へ渡って来たモンゴロイドだということが、

近年のDNA調査で明らかになった。

インディアンはネイティブ・アメリカンと呼ばれ、その発祥は遥か一万年前に遡る。

本書は一万年以上前にイロコイ族がアジアを旅立つところから始まる、一族の口承史だ。

DNA鑑定をするまでもなく口承内容は緻密で、一万年以上たった今でも生々しい。

果てしない旅を続けた末、一族は北米の五大湖にたどりつく。

イロコイ族の血を引くアンダーウッドの描写は、先祖への敬意に満ちている。

ハイテクノロジーなどかけらも無く、口承だけで一万年も前の先祖を語れるネイティブ・アメリカン。

テクノロジーの塊の中で生きながらコミュニケーションが無くなる日本人。

あなたは何世代前まで先祖を遡ることができるだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 149:ウオーター・ビジネス by 中村靖彦


14 9月

世界中の砂漠化が進行している。

とりわけ中国では人口増加や森林破壊により黄河流域が干上がる現象が起き、

生態系が変わりつつある。

水資源が豊かな日本は、都心部を除けば今でもきれいな地下水や井戸水を飲む人は多く、

まさか水を買って飲む時代が来ようとは、かつては誰も思わなかった。

いま、ペットボトル水を扱うウオーター・ビジネス企業の半分が山梨県に、

さらにその半分は白州町に集中している。なぜか。

白州町の水量は圧倒的に多く水もおいしいからだ。

著者は加熱する水資源の獲得と企業の利権競争に疑問を投げる。

「水はいったい誰のものか」本書はさまざまな角度からウオーター・ビジネスのデータを収集分析し、

水資源を独占しようと狂騒するウオーター・メーカーと

その水を買い続ける我々に警鐘をうながしている。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚 148:政治と情念 権力・カネ・女 by 立花隆


13 9月

安倍総理大臣が辞任をして政局が変わろうとしている。

政治家には大別して二通りある。

私利私欲を切り離して国事を優先するタイプと、

資産形成に執着してなんでも金儲けのネタにしてしまうタイプだ。

政治家としてどちらが幸福なのか知る由もないが、

客観的冷静さをキープできるバランスと調整能力が、延命する政治家の特徴であることは疑いない。

本書は田中眞紀子を分析しつつ、

角栄型の肉欲的政治家の本質を追求する生々しいドキュメンタリーだ。

権力とカネ、女と裏切り、昼間のソープドラマと変わりない人間の情念が満ち充ちている。

最近のあきらめの早い総理大臣に人間臭さが無くなってきたのか、

昔の総理大臣が人間臭すぎたのか。

いずれにせよ日本の行方は次の総理大臣の手にかかっている。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局