ぼくの本棚 70:イノベーターの条件 社会の絆をいかに創造するか by P・F・ドラッカー

24 4月

ドラッカーで「マネジメント」に目覚めた方は多いと思う。

もしドラッカーが存在しなかったら経済と哲学を繋ぐブリッジが無いまま、

経営者の多くは悩み続けたに違いない。

人間には社会における位置づけと役割があるとドラッカーは言う。

だからこそ、その枠組みの中で、目的、目標が生まれ、理念や理想が必要になる。

社会のために個人が存在するのではない。

社会の観点から個人の存在を見たり、逆に個人の観点から社会を合理的に理解する。

個人と社会の間に、機能上明確な関係が無ければならない、

というドラッカーの発想は20世紀の経営を飛躍的に発展させた。

むしろこれは発明に近い。

フロイト、ヒトラー、ケインズにも影響を与えた、「お金儲けの話」など無い思想に、

日本の若者は興味があるだろうか。

編集長 尾中謙文

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

Leave a Reply