Archive for 3月, 2007

ぼくの本棚 53:「奇想の系譜」「奇想の図譜」 by 辻惟雄


30 3月

江戸ブームが続いている。もはやブーム(一過性熱)ではなくトレンド(時代風波)といった方が正しい。なぜか。遥か江戸時代、当代きってのイラストレーター達が凌ぎを削って美の本質を極め、文化は限りなく豊かだった。世界中の画家に影響を与えたという事実、史実も日本人にとっては、たまらなく魅力的に見える。もちろん「本物」は海外のコレクターの手で大切に保管されていて、大美術展でもなければ、拝めないものが大半だ。世界中の本物の目利きに見いだされたアートこそ、江戸美術の真骨頂であり、グローバル・カルチャーの発信源なのだ。では日本アートの目利きの役割とは何なのか。本書の初版は1970年。これをいま見れる日本の豊かな出版業界に感謝しなければならない。江戸美術を楽しみながら学ぶことができるのは、本書をおいて見当たらないからだ。

編集長 尾中昭文


参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ぼくの本棚 52:ソシュール by 加賀野井秀一


29 3月

「前向きで検討します」という政治家の言葉が、実は「何もしない」ことだったり、「今日は暑いね」という言葉が「窓を開けてくれないか」という要請だったりする。この手の多義的な意味を持つメタ言語は、我々のまわりにはたくさんある。言葉の本質的な意味が、文脈によってコノテーション(共示)を起こすわけだ。さらにソシュールは音素(言葉を形づくる音のエレメント)に示差的・関係的な本質があると考えた。なんとなく耳心地良い会話は、この音素に基づく音声学がベースになる。「マイ・フェア・レディ」でヒギンズ教授が、イライザの田舎くさい発音を矯正すると、オードリー・ヘップバーンがとたんに知的に見えてくる「あれ」だ。キャッチコピーなどで言われる音韻論とは違うが、ここではそんなこ難しいことは抜きに、言葉の意味的本質がこんなに楽しいものだったのか、という発見と感動を得られるだけで十分なはずだ。

編集長 尾中昭文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ぼくの本棚 51:プラトンのオルゴール インダストリアリズムの終焉とデザインの使命 by 川崎和男


28 3月

「デザイナーは喧嘩師でなければならない」デザイナー・医学博士の肩書きを持つ川崎氏は、事故で車椅子生活を余儀なくされた人だ。事故で片肺が潰され、一部脳梗塞で視野狭窄だが、作品は事故前より光り輝いている。川崎氏の「造形の基本形態は、プラトン的形態形素としての立方体だ」が美しくないものを徹底して排除する川崎流美的哲学なのだ。「精神の中に快適さという機能性」を持ち込み、ひたすら毒をまき散らしながら、ストイックにイマジネーションの痕跡をカタチにする。「そして『何が美しいのか』を生涯、人は追い求めることが生きる証」という川崎氏は常識を覆したデザインを、今日も生み続けている。

編集長 尾中昭文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ぼくの本棚 50:アントニ・ガウディとはだれか by 磯崎新


27 3月

スペインのバルセロナを訪れた人に印象を聞くと、ほとんどがガウディの設計したサグラダ・ファミリア教会を挙げる。尖塔群によって構成された、巨大なロケットのような建築物は、未だに完成されていない。建築物というよりは、有機体のような、うねりの波の連続が形を創った、過剰な美しさがある。何故か見ているだけで、ゾクゾクするような感覚が沸き上がる。ガウディのデザインに共通するのはSF映画で見たような奇妙な記憶回帰と、バウハウス建築の計算された機能美を鼻で笑ったような、不思議な幾何学形態をした回転放物体だ。本書は日本を代表する建築家・磯崎氏による40年にわたる研究のエッセンスが溢れている。多様な解釈は遠かったガウディを少し引き寄せた気もするが、闇の中の本質は不完全で、絡み合った糸は未だ解けてはいない。

編集長 尾中昭文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ぼくの本棚 49:神の交渉術 by スティーブ・ジョブズ


26 3月

本書は、はったりと強気でアップルを世界NO.1ブランドに押し上げた、ジョブスの笑えて、自己啓発になる交渉術(?)だ。周囲と合わせ、予定調和を狙う日本文化と違い、相手の欠点を探し、威嚇し攻撃し、勝つための強いカードを持ち続けることこそが交渉、と考えている相手とは、普通に闘っては勝てないことがよくわかる。「棍棒を突きつければ敵も協力者になりたがる」交渉術は、下手な自己啓発開発向上セミナーよりわかりやすく、ゲーム理論を地でいっている。これを100回読んだ方が、確かに血湧き肉踊るナイスファイトなゲームになる。「あきらめないこと」で恥も外聞も捨て、意地汚いまでに潔悪い、あきらめの悪さに徹すること。この神をバイブルにすると「正しい答え」より「目立つ答え」を言う人になれるし、「正義は最悪の武器」なので、悪いことは見えなければ、わからないと言える人にもなれる。さて、あなたならどんな神を味方につけるだろうか?

編集長 尾中昭文

参考になったと思われた方、クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ