Archive for 1月, 2007

ぼくの本棚11:不都合な真実 by アル・ゴア


31 1月

近年、異常気象が世界中で通常に起こり続けている。

大地震に街を破壊される現実に、たびたび遭遇してきた日本ほど、

コントロール不可能な地球の脅威を体感している国民はいない。

ところが地球温暖化問題は、問題点がわかってもすぐに起こるわけではない。

これは出来る限り先延ばししたい、という人間の弱さを試されている脅威なのではないか。

ゴアは「地球のためにあなたが出来る最初の一歩はこの事実を知ることだ」という。

様々な「不都合な真実」は、事実をねじ曲げた政治家にとってなのか。

事実を認めたくない科学者にとってなのか。

いずれにせよ、このまま温暖化問題をほっておけば、

あと40年で北極の40%の氷が溶けてしまうという真実は、

世界中のひとりひとりにとって、背筋が寒くなるような恐ろしい現実だ。

編集長 尾中謙文

不都合な真実
不都合な真実

posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.30
アル・ゴア著 / 枝広 淳子訳
ランダムハウス講談社 (2007.1)
通常1-3週間以内に発送します。

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚10:百年の愚行 by Think the Earth Project


30 1月

日常の生活の中で、地球や人間にとって最も大事なことは何か、

を忘れてしまいそうなくらい平和ボケしている国、日本。

この国の中では、低俗なメディアから吐き出され続ける低質な情報が、

日本人のボケを強度に進行させている。

ふと我に還り、現実に目を向けてみると恐ろしい勢いで、さまざまなモラルの崩壊が起きている。

本書に編纂された、100点の写真のひとつひとつどれもが、

地球と人間の原点を振り返る、強烈なパワーを持っている。

百聞は一見にしかず。

私達の子孫がどうぞ無事に生き延びることができますように、祈らざるを得ない一冊だ。

編集長 尾中謙文

百年の愚行 (普及版)
Think the Earthプロジェクト (2002.4)
通常2-3日以内に発送します。

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚9:ガイアの復讐 by ジェームズ・ラブロック


29 1月

ラブロックが「生きている地球」というメタファーを使い、ガイアと呼んだのは1971年のこと。

やがてそれは

「生物圏が地球の気候と大気の組成を、生物が生きていく上で最適な状態に調整・維持している」

ガイア仮説に発展する。

つまり暑いにしろ寒いにしろ、その勢いがあまりに強いと、

ガイアも楽に維持できる状態に移行するとラブロックは言う。

「今、必要なのは、現実に迫っている危機を世界中の人々が察知して、

秩序正しい持続可能な撤退を無条件で開始すること」

とショッキングな結論を言っている一方で、

核については、及ぼす影響が非常に少ないというデータを出している。

尊敬してやまないラブロックでさえも、地球温暖化を防止しなければというあまり、

その解釈に間違いを犯してしまうのかという驚きをかくせない。

編集長 尾中謙文

ガイアの復讐
ガイアの復讐

posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.30
ジェームズ・ラブロック著 / 秋元 勇巳監修 / 竹村 健一訳
中央公論新社 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚8:この国のけじめ by 藤原正彦


26 1月

「国家の品格」で知る人も多い藤原正彦は、新田次郎の次男であり、数学者である。

今の日本には教養が欠けている。それは

「一見何の役にも立ちそうもにない、文学、歴史、科学芸術などの教養である。」と氏は言っている。

「実用に役立たない学問や教養より、金のありがたみを知り、社会勉強をするほうが良い」

と考えている人々に対して、氏の言う

「社会勉強など必要ない。学校を出たら否応なく一生社会勉強」には合点がいく。

国家再生への道標は何か。戦略なき国家がはたすべきことは何か。

誇り高き日本の文化を愛する氏の言葉には、現代人の傲慢さを恥ずかしく思い、

教養が無くなった日本への強烈なアンチテーゼを感じる。

編集長 尾中謙文

この国のけじめ
この国のけじめ

posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.25
藤原 正彦著
文芸春秋 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。

にほんブログ村 本ブログへ

編集局

ぼくの本棚7:脳と魂 by 養老孟司・玄侑宗久


25 1月

「バカの壁」で時の人になった解剖学者、養老孟司と

「中陰の花」で芥川賞を穫った臨済宗の住職、玄侑宗久が、

禅問答にも似たリズミカルで悟りのシャワーをあびるような、刺激的な対談を続ける。

目線の高さ、認識の深さ、自然への畏怖と愛情、どれもが心地良く、憚りが無い。

観念と身体、都市と自然、世間と個人、脳と魂など知りたかった謎や智慧が

ふたりから溢れ出て、川のように流れ続ける。

文字を追いながら変わっていく自分の意識を楽しめる、不思議な対談集だが、

ふたりの言葉には生きる希望が湧いてくる何かがある。

編集長 尾中謙文

脳と魂
脳と魂

posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.25
養老 孟司〔著〕 / 玄侑 宗久〔著〕
筑摩書房 (2005.1)
通常2-3日以内に発送します。

にほんブログ村 本ブログへ

編集局